FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.08/10(Tue)

手放す

ぎゅっと握りしめた手の中に


どんどん増えてきた たくさんのものを


落とさないように・・・ 


落としては いけないと


頑張って力を入れて 歩いて来たね


色々なルールや 執着を 


両手いっぱい 握りしめてきたね




そっと 開いて見てみると


昔は必要だったかもしれないけれど


今は 要らなくなったもの


よくよく見てみると 無くてもいいんだと思うもの


案外たくさん 握ったままになっている




もう要らなくなったもの 要らないと思うもの


握りしめてる手を そっと開いて


風に任せて 手放そう



 
09:31  |  気まぐれポエム  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010.08.10(火) 10:21 |  | コメント編集

流れモノです 初コメント失礼致します。

改めて考えると、規律や執着は矛盾の多い代物です。
抱え込みっぱなしにしてしまいがちなモノだと確かに思います。
でも、手放しがたい…手放しがたいものだと思ってる、
手放しちゃいけないようにも思えてしまう。
我々は誰しもそういうジレンマに直面しているって感じます。
Ravich+様の文章からそういったことを再認識させられます。

ただ、それと同時にです。
風に任せて手放すことが出来るならどんなにラクだろう…
そんな思いも流れてきてしまいました。
規律が統制をかけてくる社会。
規律に逸脱するものをマイノリティとみなし、
無意識に距離を取ってくるマジョリティ。

どうすれば、抜け出せるものなのでしょう。
少し、自問自答が必要なみたいです。

毎回の思考に突き刺さる御言葉、有難うございます。
Vodka | 2010.08.10(火) 10:58 | URL | コメント編集

●Vodkaさんへ

コメントありがとうございます。
社会生活において、統制を取るため・・など、必要なルールもあるかもしれません。
ただ、それ以外でも、幼い頃からも含め、周りからそれぞれに教えられたルールや
自分で作った、こうしなきゃいけないというルールやらで、雁字搦めになり
苦しんでしまうほどの事もあります。
その中には、よく分析してみると、そんなルールは無くても、大丈夫だというものも、
結構あるものです。それらについては、手放していくと楽になれるものです。

ありがとうございます。
Ravich+ | 2010.08.10(火) 12:00 | URL | コメント編集

思い切って、手放してみて。
あぁ~楽になった!って思えるか、後悔という沼に沈むか・・・

次に訪れるものをどんな色に染められるかの、だいじな分かれ道なんじゃないかなって、思います。

私は、大人になってからは結構脳天気に手放したもの、いっぱいあるなぁ(^^)
未寿子 | 2010.08.10(火) 17:17 | URL | コメント編集

●未寿子さんへ

コメントありがとうございます。

成長してきて、もう要らなくなってしまったものを
ずっと、持ち続けている事ってよくあって
私も、ふと気付いたら、たくさん抱え込んでいた時があり
手放していきました^^

ありがとうございます。
Ravich+ | 2010.08.10(火) 19:55 | URL | コメント編集

●管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 | 2010.09.02(木) 23:37 |  | コメント編集

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバックURL

→http://ravich4.blog121.fc2.com/tb.php/133-e8ff2413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。